「復縁カップルは長続きしない!?」って本当?

カナエのメール講座入り口

復縁スピリチュアル占い師@カナエです。

「復縁カップルは長続きしない」と言いますが、実際にはどうなのでしょうか?私の経験から、復縁カップルで長続きするカップルの特徴や、長続きする方法をお伝えしたいと思います。

復縁したカップルは長続きしない?

一般的には、「復縁したカップルは長続きしない」と言われています。
復縁後に上手くいって付き合い続けるカップルは、30%ほど。
結婚に向かうのはさらに確率が低く、1%という説もあります。

ですが、

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん
モデルの梨花さん
V6の井ノ原快彦さん

など、多くの芸能人が復縁から結婚に至っているのを見ると、確立や%に捕らわれる事はないと思います。結局のところ、本人たち次第な側面が大きいですからね。

よって、統計としては復縁したカップルは長続きしないと出ていますが、本人達の努力次第でどうとでも変化することが可能です。

復縁後も長続きするカップルの特徴1:信頼関係を築けている

お互いに信頼しているカップルは、少しの障害でも絆が揺らぐことはありません。反対に、信頼関係がないと少しの事で溝が出来、再び別れる結果になってしまいます。

信じるためには、相手を疑わないこと、そして、自分を信じることです。

復縁後も長続きするカップルの特徴2:別れた理由を解決している

別れた理由がどんなものでも、それを解決することが復縁には必要です。

別れた理由を解決せずに、なあなあで付き合ってしまっては、別れるきっかけになった理由から再び別れることに繋がったり、上手く関係を構築するのが難しくなります。

ですので、どちらの問題のせいで別れることになったのかは分かりませんが、双方ともに問題が解決した状態で復縁するのがベストです。

復縁後も長続きするカップルの特徴3:別れている期間に冷却期間を設けた

冷却期間をちゃんと設けているカップルの方が長続きしています。
別れるだけならまだしも、くっついたり離れたりを繰り返す関係になることもあります。復縁というのは、繰り返すほど、別れやすくなってしまいます。

そうならないためには、辛くても必ず冷却期間を設け、ゆっくりと自分を見つめなおしたり、気持ちを整理したりする時間を持ちましょう。

また、海外の研究ではこの別れている期間が長く、少しでも関係を修復しようと努力したカップルの方が復縁してから良い関係を築けているそうです。

復縁後も長続きするカップルの特徴4:お互いが変化し受け入れている

復縁するには、大なり小なり変化が必要です。復縁前と全く同じでは、結局また別れ手しまうことが多いです。

ですので、お互いが上手くいかなくなった理由を考え、そしてその為に話し合い、変化するカップルが続きやすいのです。お互いを思いやり、変化できない部分は受け入れ、変化できる部分は変化をする。

そうしてお互いの歩み寄りにより復縁した後も長く関係を続けることが出来るのです。

復縁後も長続きするカップルの特徴5:お互いが自立し尊重し合っている

復縁後も長続きするカップルは、依存する事なくお互いがしっかり自立しています。だから、お互いに一人の時間を持つことが出来、
そして、だからこそ二人の時間を大切に出来ます。

また、お互いを尊重しているからこそ、上から目線にならずに、対等に良い関係を築けるのです。

復縁後も長続きするカップルの特徴6:安易に別れを口に出さない

一度別れて復縁したカップルは、別れに対する敷居が低くなっています。
上手くいかない事があると

「やっぱり別れよう」
「別れたい」

と口にしてしまいがちです。ですが、それに素直に応えて復縁を繰り返すようになったらもう悪循環です。

復縁した後に別れを口に出すのをやめ、別れを軽いものではなく重く考えることが関係を長く続ける秘訣です。

復縁後に続かないカップルの特徴1:気を使いすぎるカップル

「本来の自分を出すことが出来ない。
お互いに気を使ってギクシャクしてしまう・・・」

というのは、実は復縁したてのカップルに多いです。
復縁するまでの期間が長ければ長いほどこの傾向になりやすく、

「あれ?なんか思っていた復縁と違う」

ということもあります。いきなり本来の自分を出して相手に接する事は難しいですが、徐々に自分を出していけるようにしていきましょう。

もしも、復縁したことが原因でギクシャクしているのであれば、
一度恋人と同士で話し合ってすりあわせをしましょう。

復縁後に続かないカップルの特徴2:生活スタイルが違いすぎる

生活スタイルや活動時間が違うカップルは、復縁したとしてもお互いの時間をつくることが難しく、また苦痛に感じてしまい、別れに繋がる事があります。

また、そのことが原因で一度別れている場合はなにか、
改善案を見つける必要があります。

同じ時間を共有できない予定が合わない。という事がよくあるカップルはすれ違いも多く、復縁したとしても長続きは難しくなります。

復縁後に続かないカップルの特徴3:価値観が合わない

価値観が違う事で別れたカップルは、復縁しても、再びその価値観によって別れることは少なくありません。

価値観の少しの違いであれば、お互いの歩み寄りにより、解決する事が出来ます。ですが、本来価値観は治すことが難しいものです。

大きな価値観の違いやどうしても許せないという価値観がある場合、お互いが一緒にいる事が苦痛に感じてしまうので、別れを選ぶことが多くなります。

復縁後に続かないカップルの特徴4:相手が浮気性

基本的に、浮気性というのは治るものではありません。

「魔がさして・・・」という一度の浮気位なら許しても良いのかもしれません。ですが、何度も浮気を繰り返す人は人と誠実に向き合えない事は勿論、ストレスの発散方法がへたくそだったり、愛情不足だったり、家庭環境に問題があったりと、あなた一人の力で解決できるものではありません。

「改心してくれるかも・・・」と期待をしても、うまくいかないことがほとんどです。ですので、浮気性が原因で別れた人と復縁をする場合は、その浮気性を許せる!何番目でもいい!くらいにならないと難しいです。

復縁後に続かないカップルの特徴5:好きでもないのに復縁

お互いの寂しさを埋めるために復縁して、好きでもないのに復縁したカップルは後悔する確率が高いです。また、再び同じように別れる可能性も高いです。

相手の勢いやフリーだったからという理由で復縁した、寂しかったから等、復縁後の事を冷静に考えずにヨリを戻してしまうと、根本の別れた問題を解決していないまま復縁している事が多いので、復縁後に後悔するケースが多いです。

復縁が長続きさせるには?1:過去の失敗から学ぶ

復縁が一番長続きするのは、過去の失敗を活かすことです。
一件過去の失敗は大きなデメリットに見えますが、現在に活かすことが出来るのは、大きな強みになります。

彼のダメなところや、彼の地雷、彼の欠点等、マイナスのところも知っているのは、他の女性に比べて強みとなります。

別れることになった直接的な原因ではなくても、彼が嫌がっていた細かい事、喧嘩になった事のあるところなどは、問題を改善するか、対応策を講じると良いでしょう。

これが出来ていないと、同じような理由で別れてしまう事になりかねません。

復縁が長続きさせるには?2:気を遣いすぎない

一度別れて復縁したからと言って、そのことに負い目を感じて気を遣いすぎる必要はありません。

特に、付き合っているときにどちらかが相手に対していつも何かを譲歩したり、聞き役になって気を遣っていた、遣われていたという関係になると、素を出せる関係とは言い難く、復縁後も長続きさせることは難しいです。

お互いにストレスを溜めない関係=気を遣いすぎない関係なのです。

復縁が長続きさせるには?3:過去を引きずらない、掘り起こさない

復縁後に暗黙のルールになっているのは、過去の悪い思い出は掘り起こさない事です。辛い出来事を思い出させるような話題をしない事です。

辛かった出来事が完全に過去になり、笑い話にできるようになっているのなら良いのですが、復縁したばかりの頃に、復縁前の別れた原因を不用意に持ち出してしまうと、ギクシャクとした雰囲気になります。

特に、喧嘩になると過去の事を掘り返してしまう事が多いですが、それはタブーにするくらいの気持ちが必要です。

復縁が長続きさせるには?4:話し合う

多くのカップルが別れる原因になるのは、話し合いの欠如です。
不満をため込んだり、問題をそのままにしておくと、すれ違いの原因にもなりますし、いずれ別れることにもつながります。

付き合っている関係に上下関係がなく、対等であるとその都度に言いたいことが言えるので、別れる事に繋がりにくいです。

ですので、言いたいことを言える環境は勿論ですが、何かあった時に話し合えるようにしましょう。

復縁を機にそういった機会を設けることは多くのカップルがやっているので、復縁を後悔することが少なくなるでしょう。

最後に

復縁でなくても、関係を長続きさせることは難しいです。
一度ダメだっただけに、さらに付き合い長続きさせるのは難しい事だと思います。ですが、復縁してから結婚しているカップルは芸能人でもよく見かけるので、復縁したカップル=長続きしないと簡単に諦めるのではなく、長続きできるように出来る努力をしていきましょう。

#復縁元カノ
#復縁したい
#復縁元カレ
#占いで復縁
#復縁カップル

カナエのメール講座入り口