心理学を利用した復縁方法

カナエのメール講座入り口

復縁スピリチュアル占い師@カナエです。

今日は、心理学を利用した復縁方法を見ていきたいと思います。
私は占いはもちろん、心理学にも興味があり大学時代は、心理学も勉強していました。
そう言う知識もフル稼働させて、復縁占いにも役立てています。

今日は、そんな私の心理学的な知識を元にした復縁方法を紹介したいと思います。

是非有効活用して、元カノ・元カレとの距離を縮めていきましょう。

心理学を使った復縁方法1:同じ気持ちになっていく法則で彼も好意を持ってくれる返報性

相手から何らかの好意を受けると、
その好意に応えなければいけないと無意識のうちに感じてしまう心理状態を「好意の返報性」と呼びます。

たとえば「〇〇さんはいつも助けてくれるからとても感謝しているよ」と言われると、
言ってくれた人に対してもっとできることをしてあげたいと思うのです。

ただし、「好きです」と直球で伝えた場合に「私も!」と返ってくるかは分かりませんから、
常に笑顔を見せたり軽くボディタッチをするなど、時間をかけてさりげない形で好意を伝えると効果的です。

心理学を使った復縁方法2:他の男の気配を匂わすことで元カノを取られたくないと感じるバンドワゴン効果

復縁する方法として、他の男の気配を匂わすことで元カノを取られたくないと感じるバンドワゴン効果を活用します。

人は周囲の声にとても敏感です。
特に日本人は、周りの人に合わせる性質が強い国民性があるため、
心理学のバンドワゴン効果がよくでます。

あなたが、モテるという認識をさせるというものなのですが、
「多数の男の人から求められている」
と元彼が知ることによって、

「手に入れなければいけない」
「同じように求めなければいけない」
という心理が働くものなのです。

周囲の友人等に協力してもらい、
共通の知人を介して
「お前が別れたあの子、すごいモテるんだね」
「なんで別れたの?」

と言ってもらうことで、彼も手放してしまったことを後悔し始めます。
SNSを活用して、あなたの周りに男性の影をちらつかせることで、復縁したい相手に危機感を持ってもらうのです。

そうすることで、彼から連絡が入り復縁のチャンスがやってくることになります。

心理学を使った復縁方法3:軽いボディタッチで異性を意識タッチング効果

この復縁方法は、関係が十分に近づいてから進めるようにしてください。

効果絶大な復縁方法は、軽いボディタッチで異性を意識するタッチング効果です。

恋人同士でも、別れる前あたりではボディタッチが極端に減る、
もしくはずいぶんとボディタッチをすることがなかった末に破局した、
という話は少なくありません。

むしろ、人と人とは触れ合うからこそ安心感を持つものなのです。

タッチング効果とは、主に看護の世界で使われる心理学です。
または、キャバクラやホストなどの業界でも、よく知られているものです。

相手に触れるという行為は、コミュ二ケーションの一つでありながら、
安心感・信頼感を生み出します。

触れるだけで幸せホルモンが出てくる、という研究データも発表されています。
触れることが減ったからこそ、彼女であったあなたに対しての距離感が出てきたともいえます。
さりげなくボディタッチをすることで、
彼の心の中にあなたを異性として意識させることが出来ることでしょう。

「いつも隣にいたけど、すごくいい女性だった」
と改めて感じることで、彼の中であなたという人物像が色を変えていきます。

別れるまですることでもなかった、やっぱり手放したくない、
好きだということに気がついた、と気持ちを復縁へと向けることが出来るテクニックなのです。

心理学を使った復縁方法4:あなたの変化を見せることで印象が強くなるエスカレーター効果

あなたの変化を見せることで印象が強くなるエスカレーター効果を活用して、復縁を進めていきましょう。
失恋すると髪をバッサリ切る、という昔ながらの方法を使う女性は意外と多いです。

それは
「彼を忘れるため」
「彼が好きだったロングヘアを断ち切るため」

という意味合いでしている人が多く見られます。
復縁したいあなたにもこの方法は使えます。

エスカレーター効果というのは、
いつもと違うことに違和感を持つことで興味をそそられることです。

転校生が男の子だと思っていたら女の子だった!
という場合、よりその転校生の印象が強くなりますよね。

このように、思っていることと実物が違うことで
大きなインパクトを残すのです。

復縁するためには、あなたが大きく成長することでこのエスカレーター効果は上手く機能します。

服装をガラリと変える、
髪型をガラリと変える、
発言がものすごくポジティブになる、
元気ハツラツしている、
など破局したことで時が止まっていると思っている彼の前に、
変化したあなたの姿を見せることで、
「思っていたのと違う!」という驚きを感じてもらいます。

自分の記憶の中のあなたと、あまりにも印象が違うと感じれば
彼の興味を引くことは間違いありません。そうして、復縁へとつなげていきましょう。

心理学を使った復縁方法5:コミュニケーションの回数が多いほど近い人になっていく単純接触効果

前提条件として、この方法は好かれるようになってからと言うのがポイントです。
好かれていない場合や、マイナスに思われている場合は、マイナスになるので注意してください。

好かれるようになってからは、単純接触効果が機能します。
これは、コミュニケーションの回数が多いほど近い人になっていくという心理的手法です。

人間は、好かれている間柄や、好印象を感じている人とは、
接触が増えれば増えるほど、近い人になっていく傾向があります。

ただし注意点があります。それは、メールしすぎや、LINEしすぎはNGということです。

会ったときの会話やデートの頻度で利用しましょう。

心理学を使った復縁方法6:相談を引き受けることで圧倒的な信頼感を得るカタルシス効果

この方法は信頼関係が前提となるので、ある程度、仲良くなってから有効な心理テクニックとなります。

復縁に欠かせないアピール方法として、
相手の男性がカタルシスを感じるような関係になる
という方法があります。

それは、恋人だった人の相談を引き受けることで圧倒的な信頼感を得ることになるものです。

復縁を叶えるためには、相手との信頼関係が必要になります。
しかし、一度破局を迎えた二人は、信頼関係がなくなっている状態です。

その信頼を勝ち取るためには、元彼から相談を引き受けるようになることで
一気に復縁までの時間が短くなります。

カタルシス効果とは、心の中のモヤモヤや言葉にできなかった思いを
他の人に聞いてもらうことでスッキリすることです。

スッキリした気持ちを感じたときに一緒に過ごしているという事実が、
これから「相談したら気持ちがスッキリした」と感じた時に、
あなたのことを思い出すという効果があります。

方法はいたって簡単で、彼の相談に対して、
真剣に耳を傾けて聞くというだけでいいものです。

つまり、新しく好きな人ができて別れた、
既に元彼に恋人が出来ている、という状況でも、
相談を受けるという立場さえ掴めば復縁することが出来る方法となります。

占いサイトを120%使いきる方法。その他、あなたに役立つ情報をお届けします▼

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか・・・?

カナエのメール講座入り口